冒険者の町を作ろう!2 速報レビュー

「コミケ85のエロRPGブースに行ってみた!」で
買ってきた「冒険者の町を作ろう!2」をついに解禁♪

冒険者の町を作ろう!2

プレイ時間1時間を超えたので、軽くレビューを
していきたいと思います。

全体的には育成RPGみたいな感じで、前作の要素に加えて
「ザ・コンビニ」のRPG版みたいなのが追加されている感じ。

パッケージ版でのレビューなので、
パッケージとかの画像もおまけで紹介してみたいと思います♪

もうすぐ「玉藻スタジオBOX」の発売も決定されている、
玉藻スタジオさんの作品「冒険者の町を作ろう!2」。

タイトル通り、「冒険者の町を作ろう!」という
2011年に公開された作品の新作です。

ストーリーとかは全然関係ないみたいで、
基本システムが継承している感じです。

前作がとても楽しかったので、期待してたんですよねー。

boukenshanomachiwotukurou000

コミケレポートの時に紹介したけど、
パッケージ版のパッケージも凄くカワイイ♪

ちなみに、パッケージ右側に映っているツインテールの娘は
女の子でびっくりしちゃいました。
普通の大人かと思ったらロリっ娘っぽかったです。

boukenshanomachiwotukurou001

パッケージを開けたディスクです。
ディスクにもメインヒロインとツインテールの娘が
描かれていましたー。

プレイ時間1時間ぐらいだと、ちょうどツインテールの娘が
出てきたあたりです。
謎のありそうなキャラなので、展開が楽しみですね。

ちなみにパッケージ版の場合はVer1.00だったので、
公式サイトでアップデートしてからプレイが必要です。
 
 
 
さて、ゲームシステムとしては冒険者を育成しつつ、
町を育てていく感じです。

前作同様に冒険者をダンジョンに派遣。
ダンジョン内では複数のパーティがオートで進行していくので、
援護魔法を使いつつダンジョン攻略でお金取得&キャラ育成。

取得したお金で町の施設を建築したり、冒険者に買わせる
アイテムを仕入れて販売していくような流れです。

ここまでは前作と同じような感じなのですが、
今作では町育成のパートが少し違う感じ。

町パートでは、「ザ・コンビニ」みたいな画面が展開されて、
建築したい施設を建築したい土地の場所に設置したり、
一般村人を「大工」にしてあげないと、建築が始まらない……。

同時に農地なんかで食料も取得しなきゃいけない感じだし、
そういった指示をしていると遠くから魔物がやって来たり……。

前作は町パート、キャラの動きだけを箱庭的に見てただけだけど、
今作は敵がやって来て自分でも倒していかないといけないので、
落ち着いて見てもいられない感じ。

この辺は評価別れるかもしれませんが、
みなよつはなれたらなかなか楽しい感じでした。
(メルマガの先行レビューだと微妙とか書きましたが、
その後10分ぐらいやったら楽しかったので、評価変えてます)

エッチシーンは和姦系エッチが中心です。
一人のキャラを深くと言うよりは、色んなキャラと
エッチを楽しむ感じ。

色んなタイプのキャラがいるので、その辺は嬉しいですね。
前作同様、会話重視でエッチシーン進むので、地の文が
欲しい人とかは少し物足りないかも。

あと、悪い点としては少し動作とレイアウトが悪い印象。
みなよつは3D制作ツールもある程度動かせるぐらい
そこそこのPCだったりしますが、稀にカクカクすることが……。

また、画面構成は前作よりも一つ一つが大きくて、
全体を見渡すときとかは少し慣れが必要かもしれません。

ただ、慣れてしまえば問題ないので、
最初の30分ぐらいは面白さよりも慣れが重視されるかも!

慣れてしまえば、箱庭的&育成RPGとしては
やっぱり面白いなーとつくづく感じる作品だと思います。

まだまだ物語も序盤。
楽しく育成しながら、プレイを続けていきたいと思います。

ダウンロードページ


同人通販
*DMMさんは通販です

2件のコメント

  • 匿名

    2はゲーム部分自体は前作の正統強化って感じで好きなんだけど、如何せんエロシーンのテキストが…
    一切地の文なしで状況説明を何でもかんでもキャラにさせるのはちょっと萎えたなぁ

    • みなみよつば@管理人

      匿名さん>>
      私も地の文無しは好きじゃないんですよねー。
      その点は少し残念でした。

      ただ、本作は絵も綺麗ですし、しっかりと差分も表示してくれるので、
      どうにか地の文なしでもいいかんじかなーとか思っています。

      システム的には面白いですよねー。
      速報レビュー後も2時間ぐらいぶっ通しでやっちゃいました♪

      時間が経つのを忘れちゃうぐらい、おもしろいですね~。

コメントを残す