アダルトRPG~TOKYO天魔~の誤解予防、購入前チェックしたいこと

レビューリクエスト頂いていた「アダルトRPG~TOKYO天魔~」ですが、
クリアしましたー。
しかし、いくつか人によってはクリティカルになるようなマイナス点や
誤解を生むような箇所がございました。

一回目の速報レビューで良い点などはある程度紹介しきれていますので、
マイナス点や誤解を与える面だけ再度深く速報で紹介します。

購入検討時の参考にしてもらえればいいかなと思います。

アダルトRPG~トウキョウ天魔

長くなりそうなので、折りたたんじゃいます。
気になる方は続きからどうぞ。

=====================================

さて、「アダルトRPG~TOKYO天魔~」ですが、
プレイ時間はちょうど4時間ぐらい。

途中で変なキャラ育成したり、迷ったりもしたりしているので、
本気でプレイすれば3時間~3時間半ぐらいでもクリアできると思います。

全体としては同サークルさんの過去作品よりも大きく進化している
面もあるし、面白い試みとかもあるのですが、
冒頭に書いた通り、いくつかクリティカルになりそうなマイナス点があります。

まぁ、長ったらしく書いていますので、先に率直なことだけ書けば、
「説明不足」が多いので、誤解や悪評を産んでしまっている面があります。

クリアレビュー前に3つのクリティカルになりそうなポイントを紹介します。

■1. 中途半端な所で「続篇に続く」でエンディング

この作品は、起承転結の「承」ぐらいの箇所でいきなり
エンディングを迎えてしまいます。

何かしら問題解決してキリがいいところで終わる!

とかではなく、結構突然物語が終了するので、
モヤモヤ感が残ってしまう印象があります。

DLsiteさんでは、レビューを通して一般ユーザーさんが注意勧告を
されておりますが、各ダウンロードさんの商品ページやサークルさんの
公式ホームページでは全くと言っていいほど、
「続篇がある前提」の作りであることが触れられていないんですよね。

今作品は低価格商業ゲームぐらいの価格設定なので、
結構躊躇して購入している方も多いと思います。

エッチシーンとかも多いし、ダンジョン構成とかも非常に頑張ってて、
サークルさん視点で見れば、この価格になってしまうのは理解できますが、
ユーザー視点から見れば、「本作品だけでは未完結であること」だけは
一言どこでもいいので、触れておくべきなんじゃないかなーと思います。

もちろん、表示する義務はないので、必須ではないと思うのですが、
実際どんなにいい作品でも、突然「続く」と書かれてしまうと、
ビックリしてしまう方もいらっしゃると思います。

このビックリにより、作品に対して悪い印象を抱いてしまう方も
いないわけじゃないので、色んなユーザーの視点に立って考えるのであれば、
どこかしらに明記してあげるとより親切だったと思います。

■2.逆レイプに近いシチュエーションオンリーでなく、組み込んでる感も強い

この作品の気をつけていただきたいことは、
「逆レイプ感の強い作品ではない」ことです。

どうしても

・「悪魔と天使に犯される」
・「鬼畜な悪魔に犯されながらも悪魔を使役し、倒す」

とかと書かれていると、もんむすクエストみたいに
無理やり侵される感を期待される方が多いかと思います。

しかし、この作品以外に和姦みたいなエッチも多いですし、
女性上位のシチュエーションもなんだかんだ行って主人公が好き!

みたいな、ツンデレの裏返しで上位行動にとっている
女性とかも多いんですよね。

さらに、結局のところこの作品のエッチシーンは、
自分が倒した悪魔や天使と契約するためにエッチすることが多めです。

なので、一般的に考えれば、
主人公達が倒した→主人公達のほうが立場が上

という想像が容易にできるのに、なぜか女性のキャラが追い込まれているのに
いきなり偉そうにしゃりしゃりと契約を進めてきたりするんですよね。

そのため、主人公達にとっても「自分が勝っている」という上位的な
雰囲気が残ったまま、女性リードのエッチが始まったりするので、
屈服感とかもなく、どうしても「レイプ」されているという感じが弱いんです。

もちろん、「逆レイプ」の定義自体もこれ!と定義されている訳じゃないので、
人によってはこれを逆レイプと感じる方もいらっしゃると思います。

ただ、PRされていることだけ見てしまうと、
あたかも「全てが女性上位」「主人公は下僕に近い感じで犯される」みたいな
感じにもとれてしまうので、蓋をあけるとイメージが違う!

みたいに感じられる方も多いんだと思います。

勝った相手と契約して仲間にするという、いわゆる相手を屈服させて
仲間にするようなゲームのシナリオ背景があるため、
逆レイプ系シチュエーションを取り込もうとすると
こうなっちゃうことも仕方ないのかなーと思う点もあります。

しかし、一般的な逆レイプゲーが好きな方が何も調べずに購入しちゃうと、
誤解されてしまう可能性もある作品だと思います。

■3.高価格帯ながらシンプルな処理のゲームシステムが多い

この作品、高価格帯の同人ゲームになっているのですが、
全体的にはシンプルな処理が多いんですよね。

そのため、例えば敵キャラを仲間にする条件とも少ないですし、
特定の敵パーティじゃないと勧誘イベントが発生しなかったりします。

逆に言えば、特定的パーティだと毎回毎回勧誘イベントが
発生したりしているので、どうしてもゲーム制作経験のある方から
見てしまうと、システムの浅さを感じてしまうんですよね。

例えば、今の契約システムだとこんな流れになっており、
それゆえ、以下のような浅さい感じに見える結果が出てしまいます
=======================================
1.スライムA、スライムBのスライム2体が出る敵パーティαに勧誘イベント設定
2.ランダムエンカウントでパーティαとエンカウント
3.スライムAが倒されると勧誘イベントが発生
4.選択肢や特定アイテムの所持数などの条件が揃えば仲間になる
5.敵パーティの種類は確ゾーン5種類以下

【結果】
・パーティαが出てくれば仲間にできるチャンスが必ず出る(1)
・逆にパーティα以外のパーティで一度でもエンカウントすると、
 そのパーティはただの経験値扱いになってしまう
・条件が揃わなくてもスライムAを倒すと必ず交渉が出るのでテンポが崩れる
=======================================

上記の理由から、新鮮味やワクワク感が不足してしまっているんですよね。

高価格帯であるのであれば、もうちょっとカモフラージュ的な処理とかも
入れてあげると、より工夫されている感じが出ると思います。

例えばになりますが……

======================================
【現状】
1.スライムA、スライムBのスライム2体が出る敵パーティαに勧誘イベント設定
2.ランダムエンカウントでパーティαとエンカウント
3.スライムAが倒されると勧誘イベントが発生
4.選択肢や特定アイテムの所持数などの条件が揃えば仲間になる
5.敵パーティの種類は確ゾーン5種類以下

【カモフラージュ対策】
・スライムAとスライムBのスライム2体だけどイベントが発生しないパーティβも同じゾーンで登場させる
→仲間にできないこともあるんだよーという緊張感を持たせる

・スライムAを倒した時に必ずではなく、確率で交渉イベントが出るようにする
→確率によるランダム性を減らしたいなら、「テリーのワンダーランド」みたいに
餌みたいなアイテムで発生確率を増やせるようにしてあげる

・パーティα以外のパーティでも交渉イベントが出るようにする
→常に仲間にできるチャンスがあると認識させる

・根本的に敵パーティの組み合わせを増やす
→戦闘のマンネリ化とかも防げる

・仲間にできる選択肢の流れも複数パターン用意させたりする
→同じ選択肢を選んでも、確率によって仲間にできないような処理も入れる

======================================

私はメガテンやったこと無いので、上記みたいなのをやると
再現性がうまくいかないのかもしれません。

ただ、現状は条件さえ揃えられれば、確実に仲間にできて、
仲間にするまでのランダム性が非常に少なすぎると思います。

そのため、どうしても作業感も出てしまうし、
背景のシステムの粗さもゲーム制作者には感じられてしまうような感じがします。

やりこみのシステムもある作品だと思うので、
いかにやりこみを作業と思わせないかにも、うまく目を配ってあげられると
より万人に愛されやすい作品になった感じがしました。

もちろん、ランダム性も高すぎるとダメなので……
適度なランダム性と適度な各種条件が重要だと思うんですけどねー。
(その適度が難しいんだろうけど……)

ということで、色々と書いてきましたが、
システムとかのほとんど説明が無いので、ユーザーのイメージが
先行してしまっている感が全体的にあると思うんですよね。

しっかり説明して理解してもらった上でプレイしてもらえれば、
絵も綺麗だしシステム傾向も悪くないので、分割作品だろうが
多くの人に満足して楽しんでもらえる作品だと思います。

成長性もあるサークルさんだと思いますし、
応援したいサークルさんでもあります。

せっかく光るポイントとかも多いのに、説明不足で揚げ足とか
取られちゃうと、もったいない気もするんですよねー。

この作品は面白い作品だと思いますが、
購入前の作品イメージと異なる面も多々あると思います。

うち以外にも色々とレビューされているサイトさんとかも多いので、
一つのサイトさんの感想とか見るだけじゃなく、いろんな視点の感想とかを
見てもらってから、購入検討してもらった方がいいのかなと思います。

もちろん、購入前になにか不明点とかがあれば、
コメントやメールで連絡して頂ければ、みなよつも全力で答えます。

個人的にはレビューサイトって、感想だけじゃなくて、
「販売ページ」で不足している説明とかも紹介する役目があると思って
私はレビューサイトを続けています。
(もちろん、レビュー対する考えは、人それぞれだと思いますが、
私はそういう役目もあると思って、レビューサイトを続けています)

わかりづらい箇所があれば、全力で補足とかもしますので、
ぜひ、ご気軽に質問頂ければと思います。

またクリアレビューが用意出来次第、長所短所交えて紹介します♪

【関連記事】
アダルトRPG~TOKYO天魔~ 速報レビュー

【ダウンロードサイト】

同人ダウンロード
[WILD FLOWER] の【アダルトRPG~TOKYO天魔~ver1.12】

コメントを残す