まおうじょ! 速報レビュー

現在、先週公開された『まおうじょ!』をプレイしています。
メルマガユーザーさんには先週のメルマガで先行レビューしていましたが、
サイト向けには出来てなかったので、今日したいと思います。

まおうじょ!

ロリーヌちゃんが可愛いですが、いくつか注意しなきゃいけないところ
とかもあるので、厳しく書きたいと思います。

まず、シナリオは『勇者を待つのが魔王の美学』みたいな事を言う魔王の父に対して、
「こっちから攻め込めばいいでしょ」みたいな考えを持つ魔王の娘であるロリーヌが、
勇者を倒すためにお金を得るため、娼館を作るというお話。

ロリーヌちゃんは箱入り娘的な感じで、「私超強い」とか言ってますが、
実際はスライムに目線したりする感じなので、個人的には可愛いなーと思う
キャラクターです。

この作品の舞台である大陸には、既に娼館があるため、
差別化をするために魔物みたいなのを生み出して、娼婦とする
みたいな流れになり、魔物を生み出すためにロリーヌが大陸の
ダンジョンとかを回ります。

この辺はある意味差別化でリアリティ満載ですねw

現在プレイ時間1時間程度ですが、もう終盤ぐらいなので、
短編ぐらいな作品かな~という印象を受けます。

さてこの作品、3点ほど悪い点や誤解を招く可能性のある箇所が
ありましたので、感想を含めて紹介しておきます。
 
 
 
まず一点目が「アイテムを合成して女の子」を作るシステム。
なんだか色んなアイテムを揃えて、色んな女の子を作り楽しめるように見えるのですが、
基本的に揃えるアイテムはボス戦とかイベントとかで手に入るものになるので、
体感的には通常のイベントエッチに近いような印象を受けます。

よくある合成ゲームみたいに、色んな敵を倒して、いろんな素材を集め、
合成していくような認識でプレイすると、全然イメージが異なるように
感じてしまうと思います。
 
 
 
2点目は、エッチシーンのプレイ内容。

差別化を行うためにアイテム合成で女の子を作成しているのに、
実際にプレイ内容な女の子の性格などは一般的な娼館と
同じような内容になってしまっているんですよねー。

このプレイ内容とかだと、娼館と差別化されているような
印象を受けないので、少し違和感を感じました。

もうちょっと一般的なシーンだけではなく、
各キャラの特徴を活かしたエッチシーンが欲しい印象があります。
 
 
 
3点目は敵の戦闘バランス。
さくさく進む系かと思いきや、いきなり敵が強くなったりするので、
良いバランスとは言えないかなーと感じました。

もうちょっと全体的な難易度バランスが調整してあると、
こちらも違和感なくプレイ出来てよかったかなーと感じました。
 
 
 
キャラの可愛らしさとかは出ているのですが、エッチシーンと
ゲームバランスとかで違和感を感じちゃうような箇所が少し多いかな
というのが、現状の印象です。

今のところは69点ぐらい。
サークルさん初作品らしいといえばらしい感じの作品ですが、
全体的なRPGからすると、遊べるけどマイナス点も感じられてしまう
作品かな~という印象を受ける作品です。

コメントを残す