ザッツ・リトル・ワールド レビュー

ザッツ・リトル・ワールド レビュー

概要

ザッツ・リトル・ワールドはいたずら好きな少年達が
淫魔の封印を解いてしまい、それが元で発生する事件や問題を
少年達中心に解決していく王道系のエロRPG作品になります。

エッチシーンで男女にボイスが流れたり、
ショタ系エッチが多めなエロシーンが特徴的な作品です。

ザッツ・リトル・ワールドってどんなゲーム?

ザッツ・リトル・ワールドはオリジナル作品です。

親友のザックと共に、「ようせい」を助けようとしたことから、
問題を起こしてしまい、大人たちに見つからないように、
なんとか問題を解決していこうとすることから様々な問題に
直面していくお話になります。

町の人々から話を聞いていったり、森や山道、
下水路などモンスターが住み着く場所を冒険して行ったりします。

みなよつの購入動機

過去にサークルさんの作品を購入してなかなか良かったこと、
少年主人公というのが斬新だったことから購入しました。

RPG的特徴

作品の長さ:
中編
(9時間半ぐらい)

価格(レビュー記載時):
1,785円

主人公:
街に住むいたずら少年

難易度:
ふつう!

戦闘方法:
・コマンド入力式タイプ
・王道系(武器を持って戦う)
・通常の攻撃にもMP的な値を使用

やり込みシステム
・エッチシーン回収
・サブイベント攻略

エッチシーン傾向
・特定の女性に会うと下着姿などの妄想シーン
・イベントでエッチ行為
・特定条件を満たすとサブイベントでエッチ

この作品の長所

この作品の特徴や良かった点は
男女共にボイスがある、明るいシーンと真剣なシーンの書き分けが良い、
エッチシーンの画力の3点です。

長所1 男女共にボイスがある

この作品ではエッチシーンにボイスが流れます。

女性キャラがフルボイスという作品はちょくちょく見られますが、
この作品は主要男性キャラもボイス付きです。

また、複数のキャラを同じ声優さんが演じているというのも
少ないので、ボイス面については非常にしっかりとしている
印象を受ける作品です。

長所2 明るいシーンと真剣なシーンの書き分けが良い

明るい世界観の今作ですが、ところどころに真剣なシーンも
多数登場します。

この明るい世界観と真剣なシーンの書き分けがしっかりしており、
真面目とおちゃらけがすごく良く場面転換されている印象を受けます。

世界観の構築や描写、イベント運びが丁寧で
世界観に入りやすい作品です。

長所3 エッチシーンの画力

シーン数も多く、かつイラストの構図も様々あります。
エッチシーンに登場するキャラも複数なことが多いのですが、
しっかり細部まで描き込みが行われています。

すごくエロッちぃイラストにも仕上がっていると思います。
さすが多数の同人作品を過去に出しているサークルさんだなぁ……
と感じさせる納得のいく画力な作品です。

この作品の短所

この作品の残念だった点、もったいないと感じた点は
全体的にテンポを悪くさせる要素が多い、エンディング直前の流れと処理、
登場人物の魅力要素が少ないの3点です。

短所1 全体的にテンポを悪くさせる要素が多い

全体的にテンポが悪く感じさせるような要素が多かった印象を受けました。

例えば、結構どうでもいい場所で敵とエンカウントしたり、
リアル感再現で街が広かったり、会話内に間が多かったり。

全体を通して、リアル感を追求しすぎている反面、少しテンポが崩れている
印象を受けました。

もう少しだけ各所のテンポに関する調整があると、よりゲームに集中して
プレイすることが出来たのではないかと感じました。

短所2 エンディング直前の流れと処理

少しエンディング部分の流れとエンディング後の処理が少しモッタイナイ気がしました。

この作品では、エンディング直前に大きな問題が発生し、
大きな問題を解決した後にとある場所へ向かうとエンディングになります。

このとある場所へ向う流れが手前の大きな問題と比較すると
非常に弱い印象があり、何かまた新しい事件が待っているのか!
と思ったら、すぐにエンディングになってしまうような印象があり、
少し流れが悪い印象がありました。

また、エンディングイベントが始まってからセーブをしてしまうと、
戻ることもできなくなってしまいます。

個人的には、大きな事件解決後にそのままエンディングのほうが「クリアした!」
というインパクトが大きいと思いましたし、エンディング後も回想部屋に戻るとか
の処理のほうがエロシーン回想も見れてよかったんじゃないかな?
というような印象を受けました。

短所3 登場人物の魅力要素が少ない

魅力的なヒロインが多い反面、ヒロイン各自の魅力を見せるイベントが少なく、
エロさだけでキャラクターを魅せている印象がありました。

せっかくゲームなのに、交流するイベントなどが少なく、キャラクターの個性や
魅力が設定面やエロシーンの性的魅力だけで見せていた気がします。

もう少し物語上でも関わる機会や見せ場を作ったほうが、エロRPGとしては
色んな意味で魅力的なキャラクター達になってたのではないかという印象がありました。

この作品をお勧めする人

・ゆっくりゲームをプレイしたい方
・ショタ系エッチ、少年らしいエッチが好きな方
・ボイスに萌える方

この作品をお勧めできない人

・一本道なシナリオが好きな方
・複雑な設定が好きな方
・未熟な男性のエッチが嫌いな方

ザッツ・リトル・ワールドのまとめ

丁寧に出来ているが故、少しテンポの悪さとも思えてしまう箇所などがあります。
しかし、少年系に特化していることやボイス・イラストが充実しています。

ゆっくりと腰を下ろしてプレイしたい作品です。

サークルページ

DOUJIN3ARIESさん

販売ページ

みなよつ個人的評価

84点

非常に細い世界観やリアル感はすごく良かったのですが、
やはり少しテンポの悪さが見え隠れしていた印象があります。

もう少しフィクションとノンフィクションな箇所をゲームとして考えてあると、
全年齢のマザーシリーズみたいな間隔の作品になったのではないかと思います。

面白い作品ですが、少し作業的にも考えられる場面のある作品だったと思います。

このゲームが好きなアタナにオススメ作品

似たジャンルの作品

お師匠様と僕 -どこでもセクハラ☆おねショタRPG-
乙女神物語~リフィのカラッパ島奮闘記~
ぽよよんファンタジー

近い得点の作品

プロナント・ストーリー ~大悪魔の秘法~
サキュバスネスト
迷宮のマリオネット

同じサークルさんの作品

淫魔来臨~ショタを筆おろし~
おねポリス
TOKYOショタストリート

ザッツ・リトル・ワールドの質問・情報募集

購入前に気になる点とかがあれば、ぜひぜひコメント欄もしくは
メールにてご連絡下さい。

また、ザッツ・リトル・ワールドに関するレビューや
攻略情報も大募集中。
メールにてご連絡頂ければ幸いです。

>>エロRPGレビュー一覧<<

コメントを残す