グローバルなエロRPGを作りたいサークルさんに朗報

あんまりPRされていませんが、
DLsiteさんでグローバルなサービスが開始されたこと。

サークルさんの皆さんはご存知ですか?

今日はDLsiteさんで開始された、
グローバルなステキサービスをご紹介します。

ちなみに、本記事は当サイトで発行している
「大人のRPGマガジン No.145」にて記載した記事から
大分削除して掲載しています。
(あんまり公にしたくない情報も記載しているので……)
 
 
今回、DLsitesさんで「作品まるごと翻訳サービス」です。

作品まるごと翻訳サービスについて(DLsite.com)

簡単に言えば、既存作品を英語版にできる有料のサービス。

対訳形式で翻訳版を作ってくれるのがメインのサービスとなりますが、
オプションで実際に埋め込んでくれたり、英語の音声吹き替えなんかも
してくれるサービスがあります。

翻訳金額的には、日本語一文字あたり6円ほど。

原稿用紙1枚あたり、2400円と、正直安くはないと思いますが、
ただ、翻訳って結構助かるんですよねー。

みなよつも以前、本業で対海外メーカーとの英文やり取りをした経験もあるんですが、
自分の伝えたいこととかを文字に起こそうとすると、
文化の違いとかで大変だったりするんですよね。
 
 
海外にも作品を展開したいよーというグローバル志向なサークルさん。
チェックしてみてはどうでしょうか。

コメントを残す