エロRPGのエロジャンル属性

エロRPGには様々なジャンルがあります。
特にエロRPGだからこそといえるジャンルも多数存在します。

ざっくりとですが、エロRPGの属性を分けてみました。

王道系純愛作品

王道系な純愛作品です。
いわゆる前年齢でよくある、主人公とヒロインが冒険を繰り返すことで仲良くなり、愛を深めていくような内容です。

RPGジャンルで見れば一見王道に見えますが、この属性だけを扱う作品というのは少ないのが現状です。
理由としては、エロが後半に集中するため。

エロシーンが序盤に少なくなってしまうため、エロ目的のユーザは若干買い渋ったり、
作品の短所として取り上げられてしまうこともあります。

ヒロイン敗北陵辱系作品

味方パーティが敗北することでモンスターもしくは悪の人間などに犯されてしまうような、
女性受け身の作品です。
最近ではいわゆるこの属性がついた「敗北エッチ」の
傾向が非常に強くなっています。

美少女が主人公のRPGとしては王道シナリオから抜き系シナリオまで、様々な作品に使用することができるので、ストーリー重視にも持って来いの属性作品です。

バトルファック系作品

一部の作者さん方が押している作風です。
戦闘をセックスに置き換え、「イかせ合う」ことで戦闘を行なっていくスタイルです。

技が性技に置き換わっていることが多く、負けると女性の奴隷になるとか、石化してしまうとか、
敗北後にどうなるかというところまでは定義されていません。

常に戦闘で性行為が行われているので、
エロシーンの導入がしやすいことが特徴的です。

しかし、本格的に作成する場合は、膨大な量のエロ描写や画像使用が必要です。

コメントを残す