DRAGON PRISON~囚われの姫君~完全版 レビュー

DRAGON PRISON~囚われの姫君~完全版 レビュー
DRAGON PRISON~囚われの姫君~完全版

概要

DRAGON PRISON~囚われの姫君~はある日異世界に行ってしまった
世間知らずのお姫様が、その世界で「勇者」であると祭り上げられてしまい、
見知らぬ土地で冒険をしていく王道系エロRPG作品です。

オリジナルのBGMやイラストを多用していることや、
王道感満載のシステム構成などが特徴的なエロRPGです。

DRAGON PRISON~囚われの姫君~完全版ってどんなゲーム?

DRAGON PRISON~囚われの姫君~完全版はオリジナル作品です。

1対1形式の戦闘、攻撃・魔法・道具・逃走だけの戦略。
一本道なストーリー構成など、全体的にはSFC初期時代のRPGというような
雰囲気をかもし出している作品です。

また、バージョン・アップにより、戦闘で敗北したり
特定条件を揃えるとスキルが取得出来ます。

スキルを取得することで戦闘能力が上がったり、
レベルが上げやすくなったりします。

RPG的特徴

作品の長さ:
・中編
(みなよつは6時間程度でクリア)

価格(レビュー記載時):
1,890円

主人公:
異世界に来てしまったお姫様

難易度:
ちょいかんたん!

戦闘方法:
・コマンド入力式タイプ
・王道系(武器を持って戦う)

やり込みシステム
・スキル前取得
・ture endクリア

エッチシーンの特徴

装備している装備品毎に、敵に敗北したエッチシーンがあります。

その他にも、イベント進行上にエッチシーンがあったり、
特定の村人とかに話しかけると、主人公や村人が犯される
エッチシーンがあります。

この作品の長所

この作品の特徴や良かった点は
さくさく進むRPG、長文なエッチシーンテキスト、
オリジナル満載の素材多数の3点です。

長所1 さくさく進むRPG


移動速度やメッセージ機能のカスタマイズ性が高く、
かなり速度を高める設定にすると非常にさくさくと
システムが動いてくれます。

また、敵に敗北などで取得できるスキルもある程度手に入ると、
ほとんど敵が弱く感じるので、裏ラスボス以外はほとんど最低限の回復と
攻撃だけで済むので、考える間もなくさくさくと戦闘がこなせます。

RPGのゲームパートにあまり時間を掛けたくない人や
エッチシーンだけ目的の方には良い点として取れると思います。

長所2 長文なエッチシーンテキスト


この作品では数的に多めなエッチシーンがありますが、
一つ一つのシーンの長さもしっかりと作成されていて、
しっかりと見応えのあるエッチシーンが多い作品でした。

さくさく進みたいという方には、しっかりとメッセージスキップも
導入されているので、長めのエッチシーンもストレスなく見れる
作品だったと思います。

長所3 オリジナル満載の素材多数


装備品によってイラストが変わったり、敗北での一枚絵が多かったり、
BGMもオリジナル音源が多かったりと、
オリジナルな素材を多数使っていることに好印象を受けました。

どうしても素材を一から用意すると時間がかかります。
汎用素材だけで構築されているソフトも多数ある中で、
ここまでオリジナルに特化しているサークルさんは少ないと思います。

この作品の短所

この作品の残念だった点、もったいないと感じた点は
イラスト構図の偏りによる新鮮味の少なさ、人によって変わるコストパフォーマンス、
エンディングの消化不良感、ワンパターン気味な戦闘の4点です。

短所1 イラスト構図の偏りによる新鮮味の少なさ


短所と言うよりも、注意点になります。

この作品は一枚絵の数も多く用意されていて、
悪くはないエッチシーンだと思います。

ただ、少し構図の傾向に偏りが多い印象を受けました。

特に斜めに人間を描き、膝から頭の頂点が少し隠れるぐらいまで
人間を描くような構図を取っているものが多く、
少し傾向が似すぎていて、新しいシーンでも絵的な新鮮味が少なく
感じるような印象を受けました。

もうちょっと大胆な構図のイラストを入れたり、
エッチプレイ内容の幅が広いと、より一つ一つのエッチシーンに
魅力が増したのではないかという印象を受けました。

短所2 人によって変わるコストパフォーマンス


こちらも注意点になります。

この作品は自作の音源や立ち絵イラストの多数採用しています。

この自作制作手間を考えると
コストパフォーマンスは悪くない作品だと思います。

しかしながら、敗北エッチは一枚絵差分が多かったりしますので、
オリジナルの音源にこだわりがなかったり、立ち絵表示とかに
興味が無いプレイヤーさんの場合は、高めの値段を見てしまうと、
コストパフォーマンス的に満足できない可能性もあると思います。

短所3 エンディングの消化不良感


少しエンディングが消化不良気味な印象を受けました。

エンディング後のダンジョンをクリアし、
トゥルーエンドを向かえられれば、ちょっと訳ありだけど
ハッピーエンドな感じの終わり方になります。

エッチシーン以外は喋らない主人公だからかもしれませんが、
あまり主人公の性格的成長の過程も見られない作品なので、
このロジカル的なハッピーエンド間が合わない感じがして、
ちょっと消化不良気味な印象を受けました。

さらに、ハッピーエンドのためのボスは少し強めになるので、
場合によってはレベル上げが必要になります。
多少時間が掛かる割には、ハッピーエンドの演出が単調だったりします。

もうちょっと主人公が自主的に行動して自立していく感じを
途中でも描いてくれると、より魅力的なエンディングに繋がった
のではないかと感じました。

短所4 ワンパターン気味な戦闘


この作品では基本的に敵は攻撃か行動しないの
いずれかしかやって来ません。

そのため、ボス攻略方法がワンパターンになりがちな
印象を受けました。

もうちょっと敵の行動パターンの幅が広かったり、
ステータス異常や属性効果なども導入されていると、
敵キャラとかにも個性が出て、やりごたえのあるRPGになっていたと
感じました。

この作品をお勧めする人

・さくさく進む作品が好きな方
・音楽もオリ曲という作り手側のこだわりにも賛同できる方
・シンプルな王道系作品が好きな方

この作品をお勧めできない人

・複雑なシナリオが好きな方
・戦略性のあるRPGが好きな方
・1対1のバトルが嫌いな方

DRAGON PRISON~囚われの姫君~完全版のまとめ

王道的なシナリオで、忙しい人でもプレイできるように
仕組まれていることと、オリジナル素材にこだわっていること、
以上の2点が特徴的な作品です。

ただ、この特徴がいい面、悪い面共に出ちゃっている感じもします。

さくさく進む作品が好きな方や、作品をオリジナル素材で固めることの
大変さを知っている人ならば、値段以上の作品と感じられるかもしれませんが、
上記に該当しないと、少し物足りなさも残る可能性がある作品だと思います。

サークルページ

ねこまくらsoftさん

販売ページ


同人ダウンロード
[ねこまくらsoft] の【DRAGON PRISON~囚われの姫君~完全版】

みなよつ個人的評価

78点

素材面で頑張っているのはすごくいいと思うのですが、
エッチシーンで効果音演出が無いため少し単調な内容になっていたり、
戦闘が少し殴り合いに近い感じだったりと、
演出やゲーム面にもう少し力が入っているとかなり名作に近い作品に
なったと思います。

現時点でも楽しめるのですが、他の作品とかから一線秀でいる点が
目立たなく、遊べる大衆向けなエロRPGという印象が強い感じがします。

値段がちょっと高めなので、この作品でしか楽しめない明確な独自性が
少なかったのが、残念でした。

このゲームが好きなアタナにオススメ作品

似たジャンルの作品

パロゴンクエスト -トロの勇者と運命の花嫁-
レディナイト・サーガ ~女騎士と竜物語~

近い得点の作品

INTRIGUE
ゴーストハウス・ガンスイーパー
天虎がんばる!ムチムチ虎娘はHな夢を観るのか?
ロリを脱がすRPG

同じサークルさんの作品

DRAGON SLAVE~屈辱の女勇者~完全版

DRAGON PRISON~囚われの姫君~完全版の質問・情報募集


購入前に気になる点とかがあれば、ぜひぜひコメント欄もしくは
メールにてご連絡下さい。

また、DRAGON PRISON~囚われの姫君~完全版に関するレビューや
攻略情報も大募集中。
メールにてご連絡頂ければ幸いです。

>>エロRPGレビュー一覧<<

コメントを残す